JFPUG教育コースについて

ご注意

  • お問い合わせは お問い合わせフォームまでお願いいたします。
  • 教育コースに関して、教育会場に直接電話での問い合わせはしないで下さい。
  • 計測技術に関する情報は、会員専用のBBS(掲示板)を参照してください。
    (会員専用サイトへのアクセス方法はJFPUG会員代表者の方にメールでご案内しています)


■ 教育コース受講の対象者

教育コースは、一部を除きJFPUG会員のみ対象としております。入会方法については、入会案内のページをご覧ください。

一般の方が受講可能な教育コースにつきましてはJFPUG講習会のオープン受講についてのページをご覧ください。

■ JFPUG定期教育コースの受講申込について

下記リンク先のWebフォームによりお申し込みください。
教育受講・イベント参加申し込みフォーム

各講習会の募集案内メールはJFPUG会員代表者様及び日本ファンクションポイントユーザ会(JFPUG)からのお知らせメール送付にご同意いただいた皆様にお送りしています。 

■ 教育コース受講の前提知識

☆FP計測コース

基礎編: 特にありません
演習編: 基礎編を受講していること。(両編の通し受講がお勧めです)
※すでに実務などで計測経験があり、基礎編受講と同等の知識を保有している方であれば、演習編だけでも受講いただけます。申し込み時にご相談ください。

■ 受講料(会員価格)

会場費/資料印刷費等の実費として、受講料をいただいています。
各講習会の申込締切後に、JFPUG会員代表者様宛てに受講料の請求書をお送りさせていただきます。銀行振込にて、ご入金ください。
クレジットカード払いは扱っておりません。

 ☆FP計測コース 
         一日通し受講:12,000円/人
              基礎編のみ:5,000円/人
              演習編のみ:8,000円/人

 ☆実践アナリティクス
                       
初級編:10,000円/人
                       中級編:12,000円/人
             

■ 教育コースの内容

☆FP計測コース

【基礎編】
目標: FP計測の計測ルール(IFPUG CPM 4.3.1)を理解することを目標とします。
内容: 以下の内容を講義中心で学習します。

  1. FP計測の背景説明
  2. IFPUG、JFPUGの状況およびISO標準化作業の状況説明
  3. FP計測ルール(IFPUG CPM 4.3.1)の説明
  4. ごく簡単なアプリケーションを題材にしたFP計測
【演習編】
目標: 一人で小さなアプリケーションを測定できることを目標とします。
計測ルールは、IFPUG CPM 4.3.1に基づきます。
内容: 簡単なアプリケーションを例題にして、下記の演習を行います。

  1. アプリケーション境界の設定
  2. システムの概要機能を基にファンクションを抽出
  3. システムの詳細機能を基にFP計測
  4. 機能改良プロジェクトのFP計測

☆実践アナリティクス

【中級編】
内容:

 【予測モデル構築の基礎】
  ・データの構造を把握するクロス集計
  ・比率に関する統計的判断と分割表の利用
  ・ソフトウェアメトリクスと予測に基づく管理
 【品質評価と信頼度成長モデル】
  ・品質メトリクスの基礎
  ・ソフトウェア信頼度成長モデル(SRGM)
  ・品質ベンチマーク(注)の読み方と活用
  ・ソフトウェア開発における管理図入門(概説)
  ・管理図と閾値設定例(概説)

  注) ベンチマーク: ここでは、第三者組織が作成する公開用のソフトウェアメトリクス
    の参照情報(基準値)の意味で使用しています。

詳細:

1. データの構造を把握するクロス集計
  ・ 研修するほどスキルが低下?
  ・ ダイエットの効果
  ・ ドリンク飲料の売上データ分析
  ・  Excel~ピボットテーブル
  ・ グラフの説明に必要な4つの要素
  ・ グラフの使い分け

2. 比率に関する統計的判断と分割表の利用~
  ・ ガラポン抽選機
  ・ 分割表とは?
  ・ 実績度数と期待度数
  ・ カイ2乗検定
  ・ カイ2乗表
  ・ 3×4分割表

3. ソフトウェアメトリクスと予測に基づく管理
  ・ 予測に基づく管理とは?
  ・ 強い組織のためにさらに測定すべき項目は?
  ・ 測定メトリクス決定のアプローチ
  ・ GQM (Goal-Question-Metrics)パラダイムとは
  ・ プロセス改善に必要な3つの評価要素
  ・ プロセス改善のサイクル
  ・ ソフトウェア開発プロセス改善の枠組み
  ・ 測定プロセスモデル(JIS X 0141)
  ・ データ解析の手順
  ・ ITプロジェクト性能ベンチマーキング
  ・ ベンチマーキングとベースライン分析
  ・ 品質予測モデル
  ・ プロセス実績モデル(PPM)
  ・ 組織の実績に基づく予測
  ・ 予測モデル構築の手順

4. 品質メトリクスの基礎
  ・ 欠陥除去コスト
  ・ 欠陥混入検出モデル
  ・ 3種類の欠陥除去率(DRE)
  ・ 工程別欠陥除去率と品質
  ・ テストの欠陥除去率
  ・ プロジェクトの欠陥除去率
  ・ 学習時間と成績
  ・ 欠陥除去率推移
  ・ 欠陥混入検出モデルと品質管理指標

5. ソフトウェア信頼度成長モデル~
  ・ 品質データの記録
  ・ 品質評価グラフ
  ・ ソフトウェア信頼度成長モデルが必要となる背景
  ・ 信頼度成長モデルとは?
  ・ 習熟S字モデルと習熟特性値
  ・ 予測は関数の当てはめではない
  ・ 非定常ポアソン過程(NHPP)
  ・ 代表的なテスト技法
  ・ テストの種別と欠陥除去率
  ・ 複数のタイプのテストが混在したケース
  ・ テストの実績に基づく予測
  ・ 指数型信頼度成長モデル
  ・ 2段階の品質評価
  ・ SRGM適用の方法
  ・ 組織の基準による予測と管理限界
  ・ 組織の基準に基づく判定と対応
  ・ SRGM予測に基づく計画の見直し
 6. 品質ベンチマークの読み方と活用
  ・ 品質予測の課題
  ・ 内部ベンチマークと外部ベンチマーク
  ・ 利用可能な外部ベンチマークと特徴
  ・ 物理的機能数の分布
  ・ FP規模の推定
  ・ SLOCからFPへの変換
  ・ 開発5工程と組織の局面定義との対応
  ・ テスト工程別統計量(FP)
  ・ テストケース密度(FP)の分布
  ・ 検出欠陥密度(FP)の分布
  ・ 言語別テストケース密度(FP)の推定
  ・ 言語別検出欠陥密度(FP)の推定
  ・ 品質メトリクスの予測
  ・ FP発生不具合密度(IPA/SEC)
  ・ 欠陥密度と欠陥除去率(Capers Jones)

7.1 ソフトウェア開発における管理図入門
  ・ ソフトウェア開発における管理図の活用
  ・ 管理図の基本~パンの重量を管理する
  ・ 計量値の管理~(??? R X mR)
  ・ 管理限界設定の考え方
  ・ 何故 XmR か、何故 2σか
  ・ コールセンターの未解決率管理
  ・ 比率の管理~ p 管理図
  ・ ソフトウェア品質の管理
  ・ 密度の管理~ u 管理図

7.2 管理図と閾値設定例

  ・ 設計書のレビュー
  ・ 設計書のレビュー~X管理図
  ・ 設計書のレビュー~U管理図

予定されているテーマについては、スケジュールを参照してください。
※COSMICの教育に関してはこちらをご覧ください。

■教育コースの講師(50音順)

  井上 智史 TIS(株)
  鵜沢 仁 (株)NTTデータ
  大塚 和隆 日本ユニシス(株)
  梶山 昌之 (株)ワイハット
  坂上 慶子 日立インフォメーションアカデミー
  武井 三奈子 個人会員
  林  光信 日本システム技術(株)
  藤原 史子 構造計画研究所