メトリクス活用コース

<<  2019年度のメトリクス活用コース  >>

 現在、ご提供コースを検討中です。

 

※※※ 2018年度のご提供コース ※※※

 

☆実践アナリティクス 中級編

テーマ

実践アナリティクス  ~メトリクス活用のためのデータ解析~

講師

(株)ワイハット 梶山 昌之氏

【内容】サービスや業務の改善のためには現場の知識や経験を反映することが重要です。アナリティクスは組織に蓄積されたデータまたはインターネットなどから得られるデータを活用するための技術です。本講座ではアナリティクスの本質を学びながら、ソフトウェア開発の現場でメトリクスを活用するための実践的な技術を習得します。

 

□内容

【中級編】
内容:

 【予測モデル構築の基礎】
  ・データの構造を把握するクロス集計
  ・比率に関する統計的判断と分割表の利用
  ・ソフトウェアメトリクスと予測に基づく管理
 【品質評価と信頼度成長モデル】
  ・品質メトリクスの基礎
  ・ソフトウェア信頼度成長モデル(SRGM)
  ・品質ベンチマーク(注)の読み方と活用
  ・ソフトウェア開発における管理図入門(概説)
  ・管理図と閾値設定例(概説)

  注) ベンチマーク:ここでは、第三者組織が作成する公開用のソフトウェア
    メトリクスの参照情報(基準値)の意味で使用しています。

詳細:

1. データの構造を把握するクロス集計
  ・ 研修するほどスキルが低下?
  ・ ダイエットの効果
  ・ ドリンク飲料の売上データ分析
  ・  Excel~ピボットテーブル
  ・ グラフの説明に必要な4つの要素
  ・ グラフの使い分け

2. 比率に関する統計的判断と分割表の利用~
  ・ ガラポン抽選機
  ・ 分割表とは?
  ・ 実績度数と期待度数
  ・ カイ2乗検定
  ・ カイ2乗表
  ・ 3×4分割表

3. ソフトウェアメトリクスと予測に基づく管理
  ・ 予測に基づく管理とは?
  ・ 強い組織のためにさらに測定すべき項目は?
  ・ 測定メトリクス決定のアプローチ
  ・ GQM (Goal-Question-Metrics)パラダイムとは
  ・ プロセス改善に必要な3つの評価要素
  ・ プロセス改善のサイクル
  ・ ソフトウェア開発プロセス改善の枠組み
  ・ 測定プロセスモデル(JIS X 0141)
  ・ データ解析の手順
  ・ ITプロジェクト性能ベンチマーキング
  ・ ベンチマーキングとベースライン分析
  ・ 品質予測モデル
  ・ プロセス実績モデル(PPM)
  ・ 組織の実績に基づく予測
  ・ 予測モデル構築の手順

4. 品質メトリクスの基礎
  ・ 欠陥除去コスト
  ・ 欠陥混入検出モデル
  ・ 3種類の欠陥除去率(DRE)
  ・ 工程別欠陥除去率と品質
  ・ テストの欠陥除去率
  ・ プロジェクトの欠陥除去率
  ・ 学習時間と成績
  ・ 欠陥除去率推移
  ・ 欠陥混入検出モデルと品質管理指標

5. ソフトウェア信頼度成長モデル~
  ・ 品質データの記録
  ・ 品質評価グラフ
  ・ ソフトウェア信頼度成長モデルが必要となる背景
  ・ 信頼度成長モデルとは?
  ・ 習熟S字モデルと習熟特性値
  ・ 予測は関数の当てはめではない
  ・ 非定常ポアソン過程(NHPP)
  ・ 代表的なテスト技法
  ・ テストの種別と欠陥除去率
  ・ 複数のタイプのテストが混在したケース
  ・ テストの実績に基づく予測
  ・ 指数型信頼度成長モデル
  ・ 2段階の品質評価
  ・ SRGM適用の方法
  ・ 組織の基準による予測と管理限界
  ・ 組織の基準に基づく判定と対応
  ・ SRGM予測に基づく計画の見直し
 6. 品質ベンチマークの読み方と活用
  ・ 品質予測の課題
  ・ 内部ベンチマークと外部ベンチマーク
  ・ 利用可能な外部ベンチマークと特徴
  ・ 物理的機能数の分布
  ・ FP規模の推定
  ・ SLOCからFPへの変換
  ・ 開発5工程と組織の局面定義との対応
  ・ テスト工程別統計量(FP)
  ・ テストケース密度(FP)の分布
  ・ 検出欠陥密度(FP)の分布
  ・ 言語別テストケース密度(FP)の推定
  ・ 言語別検出欠陥密度(FP)の推定
  ・ 品質メトリクスの予測
  ・ FP発生不具合密度(IPA/SEC)
  ・ 欠陥密度と欠陥除去率(Capers Jones)

7.1 ソフトウェア開発における管理図入門
  ・ ソフトウェア開発における管理図の活用
  ・ 管理図の基本~パンの重量を管理する
  ・ 計量値の管理~(??? R X mR)
  ・ 管理限界設定の考え方
  ・ 何故 XmR か、何故 2σか
  ・ コールセンターの未解決率管理
  ・ 比率の管理~ p 管理図
  ・ ソフトウェア品質の管理
  ・ 密度の管理~ u 管理図

7.2 管理図と閾値設定例

  ・ 設計書のレビュー
  ・ 設計書のレビュー~X管理図
  ・ 設計書のレビュー~U管理図