CFPS紹介:大岩 佐和子 さん

【所属・肩書】
一般財団法人経済調査会 調査研究部

【資格取得年】 2012年, 2015年

職務

現在私はソフトウェア開発のプロジェクトデータの収集、分析を担当しております。また、公共機関の調達支援業務で FP 計測を行うことがあります。

なぜ CFPS を取得しようと思ったのですか?

ソフトウェア開発関連の調査担当部署に異動したことを契機にファンクションポイント法について学習することになりました。CFPS 受験のきっかけは上司のすすめで、受託業務等で実施している FP 計測の正確さを保証するためでした。

CFPS 試験のためにどのような勉強や対策を行いましたか? また,試験の印象や,受験での苦労や注意点を教えてください

まわりに CFPS を受験したことのある人がいなかったので、JFPUG の事前講習会を受け、そこでの合格者の体験談から、「ひたすら CPM を読み込む」を実践しました。学習は通勤時間を有効利用して6週間程度かけたと思います。

CFPS を取得して良かった点,役立った点,今後取り組みたいことは何ですか?

良かったのは、職場で喜ばれたことです。また、CFPS 受験用に CPM を読み込んだことは、FP 法の考え方をきちんと理解するのに役立ったと思います。

その他伝えたいこと,これから CFPS を目指す方へのメッセージ等

私はソフトウェア開発に関しては素人でしたので、CPM に書いてあることも、最初はチンプンカンプンでしたが、繰り返し読むことで少しずつ分かるようになりました。また、CFPS 受験と同時期に UML モデリング技能認定試験の勉強をしたのも役だったように思います。政府情報システム調達のガイドラインでも FP 法での規模見積りが必須となり、今後、CFPS 取得者の需要は高まっていくはずです。いまのうちに取得して先駆者になりましょう。